蜂や鳩への対策や駆除は自然と共存するための技術

駆除をするために必要な知識を身につけよう

友達であり害獣

人間と共存する鳩が及ぼす被害と対策

鳩はハト目・ハト科に属する鳥の総称で、世界には42属290種あり、そのうち日本には5属13種の在来種が存在します。 人間との共存の歴史は長く、10000年から6000年ほど前の新石器時代に飼育動物化されたといわれており、日本でも伝書鳩として重要な役割を果たしてきました。人間と有効な関係を築いてきた鳩ですが、1980年代あたりから都市中心部において鳩の糞による被害や食害被害が問題となっています。特に、鳩は大群で移動するため、人間にとって有害な物質を含んだ糞も甚大な影響を及ぼし、様々な対策が講じられると同時に、餌付けの賛否も問われています。自分でできる簡単な対策法で駆除できない場合は、専門業者に依頼して駆除することも有効です。

様々な害を及ぼす鳩対策に有効な方法とは

日本の都市中心部では鳩による様々な被害が問題になっています。どこにでも糞をするので洗濯物や商品が駄目になってしまったり、ベランダに巣作りをしたり、集団で飛来した際には鳴き声に悩まされたり、被害の種類も程度も色々です。自宅で簡単にできる対策は、鳩が飛来するのを予防するネットの設置です。ただし、高所での危険を伴う作業や、ネットだけでは回避できない被害に悩まされている場合は、鳩対策の専門業者に依頼して駆除してもらうことをお勧めします。専門業者では、1戸ではなくマンション全体のネット張りや、鳩が止まった時に電気ショックを与えて驚かせる効果のあるワイヤーなど、特殊な対策をしてくれます。自然環境が侵され、もっとたくさんの鳩が餌を求めて都市部に飛来することも予測されますので、被害に遭う前に何らかの対策をしておくと安心です。

Copyright © 2015 蜂や鳩への対策や駆除は自然と共存するための技術 All Rights Reserved.